寝た姿勢のまま移乗できる

​フレックスボード / 製品レビュー

導入施設インタビュー:

実際にご導入いただいた施設にインタビューさせていただきました。

​特別養護老人ホーム 等々力の家(東京都)

フレックスボードを導入する前の状況を教えてください

二人介助で移乗を行っているご利用者が多かったこともあって、腰痛で休職したりとか 退職したりする職員がたくさんいました。それに加えて、移乗時に皮膚剥離などのお怪我をされるケースもありました。移乗時だけではありませんが、そういった問題がありました。

 

実際にフレックスボードを導入いただいて 状況はどう変わりましたか?

 

フレックスボードを導入してからは、腰痛で休んでしまったりとか退職されてしまう職員もほとんどいなくなりました。また、 ご利用者に関してもお怪我をされるケースが半分ぐらいに減りました。

導入して”良かったな”と思う点は何ですか?

腰痛予防もそうですし外傷予防ももちろんそうなんですが、やはり”ご利用者に負担をかけないで 移乗ができる手段が増えたこと”が一番かなと思っています。

スタッフ間での評判はいかがでしょうか?

 

最初はやはり使い方が慣れるまではちょっと難しいっていう話もありましたけど、でも慣れてしまえば みんな当たり前のように毎日使っていますし、ベテランの職員からまだ入ったばかりの職員まで特に気にすることなく いつもどうりな感じで使えています。

関連動画

フレックスボードを導入いただいている施設での持ち上げない、抱え上げない移乗の取り組みなどをご紹介しています。

腰を痛めずに65歳まで働ける!

持ち上げない移乗・介護への取組

はじめてます。持ち上げない移乗

特別養護老人ホーム編

All rights reserved by ing-professional.com