世界レベルの知識・技術を得る・活かす・実践できる

LacSchool_Logo1-1.jpg  ラックヘルスケア株式会社 ラック公式サポートサイト LACスクール
 
 

 

​口から食べることに意義がある

食事は私たち人間の命の源です。私たちは、日々食事からさまざまな栄養成分を吸収し、必要なエネルギーを創造し続けるとともに、おいしさや香ばしさ、みずみずしさなどを味わうことで、「生きる喜び」を実感し、新たな気力を生み出す力にしています。

そうした食事を持つ精神面の作用は、「口から食べる」ことによって初めて機能します。

さらに、脳や口腔、咽頭、さらには食道、胃、大腸をはじめとする各消化器官の機能を動かすことで、人間がもつ複雑な活動を正常にバランスよく維持することができます。このように「人間が人間らしく生きる」うえで、「口から食べる」ことは、欠かすことにできない大切な条件と言えます。(嚥下食ドットコムより抜粋)

 

口から食べることを妨げる要因

その要因として、摂食嚥下障害があげられます。摂食嚥下障害とは、狭義には、口腔内で咀嚼により生成された食塊および水分を円滑に飲み込めない障害。広義には、食物を口腔内に取り込んで咀嚼して飲み込み、下咽頭から食道さらに胃へ送るまでの摂食嚥下運動における障害の意味で用いられる。嚥下困難あるいは摂食嚥下障害ともいう。食事中などにむせて咳込む、食物がつかえる、食物が口外へこぼれる、嚥下後に口腔内に食物が残る、固形の食物を咀嚼して飲み込めない、食後に声の変化(嗄声(させい))がおこる、食事に時間がかかるか完食できない、食物摂取量減少による体重減少がみられる、などにより、嚥下障害に気づくことが多い。高齢者や脳卒中の後遺症などで多くみられる。なお、発熱傾向が続けば誤嚥性肺炎の可能性もある。(日本大百科全書(ニッポニカ)の解説)

 

口から食べることの支援技術を習得する

①姿勢の調整

まず、その人が食べやすい姿勢環境を整えてあげることが重要です。

 

②口腔環境を整える

口腔期は嚥下第1期ともいわれ、飲込みやすくなった食塊や水分が随意的に口腔から咽頭にへ送られる過程であり、その過程で、口腔内に何らかの障害をきたして食塊の通過が妨げられると嚥下障害をきたしてしまう。

適切でない情報に基づいたケアやリハビリテーションは患者さんの誤嚥や窒息リスクを高めてしまうことが多々みられ、口腔生理学に基づいたケアの実践が大変重要です。

そのための『呼吸路の安全性の確保・口腔咽頭機能の賦活・口腔機能に応じた食事調整』3つの視点から口腔生理学に基づいた口から食べる摂食嚥下リハビリテーションと口腔ケアの実践を学ぶことは必要であり、さらに口腔期や嚥下機能に応じた食形態を考える事も重要です。

 

③嚥下機能の評価とリハビリを実践

食塊が咽頭から食道に送られる過程を咽頭期といい嚥下第2期ともいいます。この過程で、咽頭反射に支障をきたすと誤嚥が生じます。

しっかりした嚥下機能の評価と評価に応じた適切なリハビリを実践することが大切です。

VF・VEを用いた評価が一般的に行われていますが、在宅を中心に多くの現場ではその環境もないのが現実です。そこで重要になるのが頸部聴診法です。『VEができない環境でもしっかりした嚥下評価ができるように!』というコンセプトをもとに、聴診器一本で嚥下の評価ができるようになるための頸部聴診法をもちいたトレーニング法を学ぶ、嚥下の評価と評価に基づいたリハビリ法を習得します。

 

食べる環境を学ぶLACスクール

食べるという行為を基本から理解し、評価・改善していくスキルを学ぶことができます。この種の科目はいわゆる”実践科目”といえます。テキストを読むだけでは実際に活かせる技術まで昇華させることができません。少人数制×実技中心の直接指導をモットーとするラックスクールにおいては、実際に役立つ知識と技術の習得できるプログラムを各種ご用意しています。

 
経口摂食支援関連製品 口からたべる emシリーズ ラックヘルスケア株式会社 LA
口腔周囲筋 舌 顎舌骨筋 電動刺激 オーラルリハemシリーズ ラックヘルスケア株
咀嚼運動を促す食事介助専用スプーン emシリーズ ラックヘルスケア株式会社 LA
前腕を安定させ食事姿勢をサポート 車いす専用食事テーブル emシリーズ ラックヘ

 

​イーティング 担当講師

舘村 卓 歯科医師 ラLACスクール講師 口腔生理学に基づく摂食嚥下障害のパイオニ
大野木宏彰 言語聴覚士(ST)LACスクール講師 頸部聴診法のススメ 評価編 リ
 

​イーティング関連セミナー

 

​■誤嚥性肺炎の予防/摂食機能向上を可能にする

 経口移行につなげる嚥下リハビリテーションと口腔へのアプローチセミナー

 講師:舘村 卓 氏(歯科医師) 

■施設・在宅でもココまでできる!視診・触診・聴診をフル活用!! 

 頸部聴診法のススメ施設 評価編

​ 講師:大野木 宏彰 氏(言語聴覚士)

■間接訓練の意識改革をしよう! 誤嚥に負けない土台作り!! 

 頸部聴診法のススメ リハビリ編

​ 大野木 宏彰 氏(言語聴覚士)

 

■音響分析による”見える化”で聴く力をブラッシュアップ! 

 頸部聴診法のススメ アドバンス編

​ 講師:大野木 宏彰(言語聴覚士)

 

​関連リンク

経口摂食支援関連製品 口からたべる emシリーズ ラックヘルスケア株式会社 LA
口腔周囲筋 舌 顎舌骨筋 電動刺激 オーラルリハemシリーズ ラックヘルスケア株
咀嚼運動を促す食事介助専用スプーン emシリーズ ラックヘルスケア株式会社 LA
前腕を安定させ食事姿勢をサポート 車いす専用食事テーブル emシリーズ ラックヘ

Copyright by LAC Healthcare Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載禁止

ラックヘルスケア株式会社

東京都港区芝3-43-16 

 KDX三田ビル 11​F

​000