balls.png

感覚統合をサポートする。

こうした悩みは「個性」なのでしょうか?

集中力が続かない

片付けや整理整頓が苦手

作業を順序だてて行うことが難しい

落ち着きがない

落ち着いてじっと座っていることが難しい

頻繁に寝返りを打ち、深夜によく目が覚めてしまう

衝動的な感情を抑えられない

順番を待つのが難しい

他人がしている事をさえぎってしまう

「もともとの気質の問題なのか、それとも他のなにかが要因で起きていることなのか」

そういった悩みを抱えている方は多いようです。 

特に子どもの発達には大きな個人差があり、個性があります。

そのため、こうした悩みにおける判断が難しい部分があります。

「ほんの少しだけ」変えてみる

福祉先進国と呼ばれる北欧諸国やその周辺国ではこうした悩みを抱える子どもたちのことを特別なニーズのある子どもたちと捉え、「子どもに主体がある」「子どものニーズに合わせる」という考え方が広く浸透しています。

保護者や家族など周りの人たちが協力し合い、適切な接し方をしたり、生活環境を整えたりしながら、本人が社会生活を送りやすくなるようにサポートしていくことが何よりも大切です。

 

しかし、どのようにサポートしたらいいのでしょう?

集中していられない、じっと座っていられない、気持ちがそわそわして眠れないのは

身体へのちょっとした刺激が足りていないからかもしれないのをご存知でしょうか​?

次のどのような場面でお困りですか?

Kuglepude Protac 129.jpg
Protac Hylke  035.jpg

座ってなにかする時

 

Protac Ballcushion プロタックボールクッション

ボールクッションは座ることのサポートに特化した製品です。

教室でも違和感なく使用して頂けるデザインで、椅子の形状や年齢に応じたモデルとサイズの展開があります。

1/3

教室いす用

サイズ: 30x30cm / 35x35 cm / 40x40cm

内容物: EVA プラスチックボール (25mm)

カバー: 100% ポリエステル

色: グレー

希望小売​価格:¥16,280-

(税抜価格 :¥14,800-)

※横にスワイプすることで各製品ご覧いただけます。

Protac Kneedme プロタックニードミー

ひざ掛けとしてお使い頂くタイプの製品です。単独でもご利用頂けますし、他の製品とあわせてご利用頂く事も可能です。

表面にはポケットが付いており中のプラスチックボールを感じることで感覚刺激が得られ、手先を落ち着かせるサポートもします。

 
1/3

製品名:Protac KneedMe® プロタックニードミー 子ども用

サイズ: 65x42 cm

内容物: 38mm EVA プラスチックボール

重量: 3.2 kg

カバー: 100% ポリエステル

色:日本でのお取り扱いはグレーのみとなります。

希望小売価格:¥53,900-

(税抜価格:¥49,000-)

どんな時もあなたの「座る」をサポート

学校や車中、映画館、テレビやパソコンの前、集会や食事の時に姿勢を保持しながらじっと座って集中することが難しいお子様のためのひざ掛けブランケットです。

Protac KneedMe® 子ども用はお子様に使用してもらうよう作られましたが、軽く小さいサイズのブランケットを必要とする高齢者の方々にもご利用頂けます。

革新的で機能的なデザイン

Protac KneedMe® 子ども用はお子様が使いやすいように畳んで持ち運びができるショルダーストラップが付いた機能的なデザインになっています。そのため室内はもちろん屋外にも簡単に持ち運びができどこでも使用して頂けます。

※横にスワイプすることで各製品ご覧いただけます。

日中様々な活動時

 

Protac Myfit プロタックマイフィット

上半身に着用してご利用頂くベストタイプの製品です。

座って何かをするときはもちろん、それ以外の場面でもご利用頂ける汎用性の高い製品です。

1/4

製品名:Protac MyFit プロタックマイフィット

本体:100% ポリエステル

内容物: EVA プラスチックボール (25mm)

色: ブラック

希望小売価格:¥53,900-

(税抜価格:¥49,000-)

スマートなデザインが特徴のマイフィットは、身体にフィットする伸縮性の高い素材で作られており、中には重みのあるプラスチックボールが入っています。

側面の紐を調節し身体にフィットさせることで、感覚器官に最適な刺激を与えることができます。

紐は隠れているので使用中に引っ掛かる恐れがありません。

年齢・体型に応じてサイズをお選びいただけます。

製品名
胸囲
年齢目安
身長目安
製品重量
プロタックマイフィット ミニ
56-61 cm
3-6才
95-125 cm
1.0 kg
プロタックマイフィット ジュニア
62-69 cm
6-11才
125-145 cm
1.2 kg
プロタックマイフィット XXS
70-77 cm
11-12才
145-155cm
1.7 kg
プロタックマイフィット XS
78-86 cm
12-14才
155-165 cm
2.0 kg
プロタックマイフィット S
87-95 cm
14才-
165-175cm
2.5 kg

※上記身長・年齢はあくまで目安としてご参照ください。

LITALICO様各種サービス(ジュニア、ワンダー、ワークス、発達ナビ等)ご利用者様向け特別価格もご用意しております。

就寝時

 

Protac Ballblanket プロタックボールブランケット

ボールブランケットは睡眠のサポートに特化したプロタックが初めて生産したメーカーを代表する製品です。

1/3

製品名:Protac Ball Blanket™ Flexible

                 プロタックボールブランケット フレキシブル

 

サイズ/重量:

□100x140cm / 約3.5kg

希望小売価格:¥93,500-

(税抜価格:¥85,000-)

 

□ 140x200cm / 約7kg

希望小売価格:¥137,500-

​(税抜価格:¥125,000-)

内容物:38mm /  50mm EVAプラスチックボール

カバー: 100% コットン

フレキシブルモデルは4つに仕切られておりそれぞれにボールが入っています。仕切りごとで交換が可能なので、お好みの感覚刺激にカスタマイズすることができます。またフレキシブルモデルは様々な感覚刺激を与えることができるボールの動きが特徴です。

※横にスワイプすることで各製品ご覧いただけます。

「集中して座ること」や「落ち着いて眠ること」と「身体への刺激」にどんな関係があるの?

 

「感覚統合」という言葉を聞いたことはありますか?

これはアメリカ人作業療法士であり発達心理学者でもあるエアーズ(A. Jean Ayres)が学習障害(LD)や自閉症を含めた発達障害のある子どもたちへのリハビリテーションの一つとしてまとめた理論です。

プロタックの製品はこの理論で重要とされている次の感覚に刺激を与えることを目的に開発された製品です。

 

触覚(自分の身体を認知する感覚)

 

皮膚にモノが触れてそれを感じることで信号が脳へと伝達され私たちは身体の境界を認識することができます。このように皮膚は私たちの「内側」と「外側」を区別する手助けをしています。 

 

そしてこの身体認知と落ち着きには深い結びつきがあります。

一般的に身体への刺激が一定で継続している場合、脳は次第にその刺激を認識しなくなっていきます。

そのため身体認知を維持するためには、刺激は変化しなければなりません。

block.png

ここにプロタックの製品がボールによる刺激を採用している理由があります。

 

製品内のボールがわずかに動くことで皮膚に異なる刺激が継続的に与えられます。すると脳は周囲の環境と身体を隔てる境界線について、その情報を常に更新していくようになります。

puzzle.png

固有受容覚(筋肉・関節からの感覚)

 

製品内のボールによって生み出される圧力が、『自身の身体は今どのポジションにあるか』というシグナルを絶えず身体に送ることによって、ユーザーの身体認知にアプローチします。

前庭覚 (重力を感知する身体バランス感覚)

 

クッションタイプの製品に座ると、中のボールが動くことによって身体は反射的にこの変化を感じ取り、バランスをとるために重心をシフトさせます。その際、姿勢を保つための筋肉(主に背中とお腹の筋肉)が刺激され、『まっすぐ座ろう』という反応につながっていきます。

こんな方にご利用頂いています

 

・小学校進学にあたりお子様が集中して授業に臨めるよう新しい環境でのサポートとして。

・通われている療育病院のOT(作業療法士)からのご紹介。etc…

 

また以下の施設などで使用され日々の生活の一部となっています。

 

・学校

・特別支援学校

・放課後等デイサービス

・発達支援センター

・病院

・療育センター

・リハビリ施設

・デイケア施設

・センサリールーム、スヌーズレン多感覚刺激環境

・一般のご家庭

 

Protac-knaetaeppe--019-skole.jpg

About Protac

プロタックは感覚刺激ツールを1994年から提供し続けてきているデンマークのパイオニア的存在です。

 

プロタックの製品には共通して特殊なプラスチックボールが使用されており、製品を使用することで得られるボールによる身体への刺激が、落ち着いて眠ったり、正しい座位姿勢を保持したり、勉強や作業に集中するための環境づくりをサポートします。

ボールの素材には柔軟性と弾力性に優れたEVA樹脂を採用し、ボール同士の摩擦音が少なくなる工夫をしています。

Protacのこれまで

 

福祉先進国の一つであるデンマークのメーカーProtacは1994年にOT(作業療法士)であるPia Christiansenと彼女の同僚によって立ち上げられました。
1990年、彼女は製品開発のきっかけとなる感覚統合理論を唱えたA. Jean Ayres本人が経営するロサンゼルスのクリニックで感覚統合に関するトレーニングを受けました。

その後母国デンマークの病院へ職場復帰すると彼女はアメリカで得た理論と経験を活かせないか模索を始めます。

当時のアメリカではADHDなどで落ち着きのない子どもに対する治療は、ボールプールなどを利用した遊びが中心となっていました。

確かに、ボールプールで遊ぶことで感覚は刺激されますが、彼女が診ていた精神疾患を抱える子どもたちにはボールプールへ飛び込むことはかなり難しいことでした。

 

そこで彼女たちはボールプールの代わりとなるプラスチックボールが入ったブランケットを開発しました。

このボールブランケットは瞬く間に多くの患者に受け入れられ、退院した後も使用したいという人の要望が増えたことで彼女はそれまで勤務していた病院を去り、Protacを立ち上げることを決意しました。
 

その後、製品の噂は広まりそれに伴い会社も拡大していき、今ではヨーロッパ全土をはじめ、オーストラリア、ニュージーランド、そしてここ日本でも取り扱いが始まりました。

製品紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram