世界レベルの知識・技術を得る・活かす・実践できる

LacSchool_Logo1-1.jpg  ラックヘルスケア株式会社 ラック公式サポートサイト LACスクール
 

 

高齢者の生活環境支援

~生活の中の姿勢と活動ケア~

高齢者施設で直面する多くの課題。例えば拘縮のあるクライアントであれば当然褥瘡のリスクが高まり、移乗介助もより困難になります。介護者の負担も増大し腰痛の問題が発生したり、人手不足へとつながり負のスパイラルへと発展していくこともあります。問題の根本的な原因を突き詰め、解決策を模索していくと「姿勢と活動のケア」へとたどり着きます。不良姿勢を改善することで褥瘡や拘縮を予防し活動性を引き出していくベッド上ポジショニングの取組と、”持ち上げない”移乗介助を通じたクライアントにも介助者にも負担をかけない安全な移乗ケアの取組。現場の課題を根本から見直し解決するための2つのプログラムをご用意しています。

 

高齢者施設での現場の課題を解決する

充実の2日プログラム 

 

 3分でわかる!セミナー案内動画

 

ベッド上ポジショニング

 

移動・移乗介助

​セミナーのポイント

① 少人数×実技主体のトレーニング

② 豊富な現場経験をもつ講師より介助者・被介助者の相互実習を通し、根拠と基本技術を習得できる!

③ 施設や在宅での実際の取り組み事例も多数紹介!

④ 多職種によるチームケアへと発展させるための伝達ノウハウも学べる!

 

​講師紹介

神内 昭次 理学療法士 ラックスクール講師 シーティング・ポジショニング・持ち上
 

機能訓練指導員・看護・介護職のための

ベッド上ポジショニング

 基本セミナー

日本の施設や在宅で生活される高齢者の中にはベッド上で同じ姿勢ばかりで休まれ、背中が丸くなる方、少しずつ手足が曲がり体も硬くなってしまう方が多くおられます。なぜ、ベッド上でそのように変化して行くのでしょうか?

臥位での不良な姿勢が続くことで椅子や車いすに座ることもしだいに困難になり、食事や更衣等にも不自由が増えてきます。

本セミナーでは人の姿勢の解剖からの分かりやすい基本講義と、高齢者のベッド上姿勢の疑似体験を通じてその原因を探り、心身ともにリラックスできる寝姿勢に加え座って活動することへつなげる「ポジショニングの基本」を学んでいただきます。

 

 

​開催概要

■時 間:10:00~16:30

■定 員:18名(先着順)

​■対 象:機能訓練指導員・看護師・介護職・その他

■受講料:12,000円/名

■割 引:早期割引など

​■お申込:下記よりご希望する日程/地域を選んでお申込ください

 

 

​講義内容

 

<講義>

1.ポジショニングとは?

2.姿勢を支える骨・関節・筋肉の構造と働き

3.褥瘡発生と筋緊張の高まりの関連性

4.高齢者に多い円背、曲がった腕、股・膝足の拘縮はなぜ発生する?

5.姿勢の違いが嚥下や呼吸機能に与える影響

6.圧とズレ、褥瘡予防、筋緊張緩和に効果的な圧抜き

<実技>

1.ベッド上における人の姿勢の特徴

2.臥位での荷重移動の体験学習

3.不良姿勢には理由があった!ベッド上で高齢者の姿勢が変わっていく過程を疑似体験してみよう!

4.仰臥位、半側臥位、背上げ姿勢のポジショニング実習

 

<まとめ>

1.事例を通して臥位と座位姿勢の関連性について学ぼう

2.チームケアへ発展させるために!上手くいく伝達方法とケアプラン作りのコツ

 

 

機能訓練指導員・看護・介護職のための

持ち上げない移動・移乗介助法

 基本セミナー

従来から介護現場で多く行われている「持ち上げる移動・移乗介助」は、介助される方の自分で動く力は考慮されないことが多く、無理に介助することで皮膚に表皮剥離が生じてしまったり、不快感や痛みを与え心身に緊張を高めてしまうこともあるのではないでしょうか?

一方で、介助者も持上げる際に身体へ過度な負担がかかり、腰痛などを引き起こす主な原因になっています。

本セミナーでは、介助者、被介助者の双方にとって快適かつ安全な「持ち上げない移動・移乗介助法」の基本を学んでいただきます。

神内 昭次 理学療法士 ラックスクール講師 シーティング・ポジショニング・持ち上

 

 

​開催概要

■時 間:10:00~16:30

■定 員:18名(先着順)

​■対 象:機能訓練指導員・看護師・介護職・その他

■受講料:12,000円/名

■割 引:早期割引など

​■お申込:下記よりご希望する日程/地域を選んでお申込ください

 

 

​講義内容

 

<講義>

1.移動動作と移乗動作

2.人が移動する際の重心位置と支持面の関係

3.持ち上げる移動・移乗介助が骨盤・腰椎に及ぼす悪影響

4.褥瘡予防のためにも、引きずらないケアを!

5.持上げない移動・移乗介助の3つの基本原理

<実技>

1.ベッド周囲の環境設定、介助者の立ち位置

  従来の持ち上げる介助での被介助者体験

2.スライディングシート、シーツを活用した

  ベッド上移動介助実習

  上方、側方移動、体位変換、起き上り動作

3.すべり座りの座位修正介助

4.トランスファーボード、シーツを活用した

  ベッド⇔車いすの移乗介助実習

<まとめ>

1.施設、在宅現場での持上げない移動・移乗ケア事例紹介

2.対象者の身体レベルに合わせた移動・移乗ケアプランの

  作成、伝達研修のコツ

 

 神内昭次 氏(理学療法士)

基本セミナー開催予定

 

各日程ごとに土曜日はポジショニング、日曜日は持ち上げない移乗介助法のセミナーをセットで開催しています。

筋緊張の緩和や拘縮や褥瘡の予防など通じるところが多数ある2つのテーマをまとめて学ぶことも可能です。

​※ ポジショニングのみ、持ち上げない移乗介助法のみの受講でもご参加いただけます。

 

【 東京会場 】

 2019年11月30日(土)

 

​ポジショニング

 

持ち上げない​移乗介助法

 

【 東京会場 】

 2019年12月 1日(日)

フォローアップセミナー

基本セミナーで学んだことを現場で実践し、再学習したりもっと深く学習したい方向けのフォローアップ研修です。

 

​関連リンク

ポジショニング関連製品 褥瘡と生活不活発病の予防 ラックヘルスケア株式会社 LA
トランスファー関連製品 持ち上げない 抱え上げない 移乗ケア ラックヘルスケア株
臥位用移乗ボード フレックスボード 寝た姿勢のまま 持ち上げない 抱え上げない 
持ち上げない 抱え上げない 移乗支援機器 無料貸出 ラックヘルスケア株式会社 L

Copyright by LAC Healthcare Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載禁止

ラックヘルスケア株式会社

東京都港区芝3-43-16 

 KDX三田ビル 11​F

​000