世界レベルの知識・技術を得る・活かす・実践できる

LacSchool_Logo1-1.jpg  ラックヘルスケア株式会社 ラック公式サポートサイト LACスクール
 

経口移行につなげる

嚥下リハビリテーションと口腔へのアプローチ

 1.呼吸路の安全性

 3.口腔機能に応じた食事調整

 2.口腔咽頭機能の賦活

誤嚥性肺炎を予防し、

摂食・嚥下機能向上させる方法を

3つのキーワードから学ぶ!

 安全に経口移行に繋げて行くために、誰にでも実践できる方法を確実に習得することを目的としたセミナーです。

講義では、『呼吸路の安全性の確保・口腔咽頭機能の賦活・口腔機能に応じた食事調整』の3つの視点から口腔生理学を学びます。さらに乳幼児期の食物摂取機能の発達過程をもとに、嚥下機能の問題点を現場で活用できる知識を解りやすく解説します。

 実習では、その講義を踏まえ、姿勢の調整・保持・ポジショニング、正常な嚥下訓練、口腔へのアプローチとして口唇閉鎖訓練法、介助スプーンの使い方に至るまで、2人1組および3人1組で実技を行います。

また、18名限定と言う少人数の講義および実技指導であるからこそ、現場での悩みなども適宜解決しながら進めていける他にはないセミナーです。

 

 セミナーのポイント

① 新たな視点で3つのキーワードから摂食/咀嚼/嚥下のアプローチを習得

② 機能発達から学ぶ、口腔ケアや食事の拒否と反射への対応を習得

③ 誤嚥性肺炎を予防し安全に食べるための効果的な口腔ケア・口腔リハビリの習得

 

​講師紹介

舘村 卓 歯科医師 ラックスクール講師 口腔生理学に基づく摂食嚥下障害のパイオニ
 

 

​講義内容

■摂食・咀嚼・機能を理解するための基礎知識(1)

・『口』から食べる意義を理解する

・口腔機能の発達から要介護の摂食・嚥下機能を支援するポイントを学ぶ

(子供の離乳のステップからヒントを得る)

■安全に食べるための口腔機能の把握

■摂食・咀嚼・機能を理解するための基礎知識(2)

★3つのキーワードで考える口腔ケア

①呼吸路の安全確保 

②口腔咽頭機能の賦活 

③口腔機能のレベルに応じた食事調整

■摂食嚥下機能を向上させる口腔生理学に基づく口腔リハビリ法

■誤嚥性肺炎を予防し、摂食機能を高める口腔ケアの実践

・ハイリスクのある口腔ケアとは

・3つのキーワードから行う効果的な口腔ケア

・口腔生理学に基づく摂食嚥下機能を向上させる口腔ケア法

●質疑応答 (参加者より)

 

 

​開催概要

■時 間:10:00~16:30

■定 員:18名(先着順)

​■対 象:NS・DH・ST・その他

■受講料:16,000円/名

​     (※昼食付)

■割 引:早期割引など

​■お申込:下記よりご希望する日程/地域を選んでお申込ください

 

 舘村卓 氏(歯科医師)

セミナー開催予定

 

【 東京会場 】

 2019年12月 8日(土)

 

【 大阪会場 】

 2020年 2月 2日(日)

 

​関連リンク

経口摂食支援関連製品 口からたべる emシリーズ ラックヘルスケア株式会社 LA
咀嚼運動を促す食事介助専用スプーン emシリーズ ラックヘルスケア株式会社 LA
口腔周囲筋 舌 顎舌骨筋 電動刺激 オーラルリハemシリーズ ラックヘルスケア株
前腕を安定させ食事姿勢をサポート 車いす専用食事テーブル emシリーズ ラックヘ

Copyright by LAC Healthcare Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載禁止

ラックヘルスケア株式会社

東京都港区芝3-43-16 

KDX三田ビル 11​F

​000